キャリア中途採用(総合職コース)

同業からの転職で感じた、クリエイトエス・ディーの可能性

新卒で大手ドラッグストアチェーンに入社した当時、以前からクリエイトエス・ディーに対して「接客に力を入れている会社だな」という印象を持っていました。
それでも前職の会社を選んだのは、業界内でも利益高が上位にあったことからその秘密を探りたい、という思いからです。
しかし6年ほど勤務する中、その秘密は人件費などのコスト削減が大きな要因だと気づいたんです。
バックヤードなどでの作業負担が増える半面、接客にかける時間が年々減っていきました。
「もっとお客様に寄り添った接客ができる環境にいきたい」 その思いからクリエイトエス・ディーに転職することを決意しました。

ノルマなし・店舗をサポートする本部の姿勢。だから接客に専念できる環境がある

もっとお客様と向き合い地域に貢献したいという思いで入社しましたが、想像以上にお客様を大切にする文化が根付いているのでそこが再来店につながっていると感じます。
特にクリエイトエス・ディーの場合、常連のお客様がとても多く、顔見知りになってじっくりお話できるのは、私にとってとても充実感がありますね。 同じ業界にいたからこそ、前職と比べてもなぜこれだけ接客に専念することができるのか、その理由がいくつかわかりました。
まず、「店舗の売上ノルマがない」ことが大きな理由です。
例えばプライベート商品を無理に売る必要がないことによって、お客様にとって最も必要とする商品をご案内できるのがいい点だと感じます。
次に本部のサポート体制が手厚いこと。 本部が店舗のことを考えて必要な作業に限定して指示を出してくれたり、本部に電話をした際にも本部の方が感じ良く丁寧に対応してくれているので、とても心強いですね。

残業は最小限。連休制度の活用でプライベートも充実。店長として働きやすい職場環境を意識しています。

接客以外にも、クリエイトに入って実感できたメリットは、プライベートの時間を充実できたことです。
通常のドラッグストアと比べ、1店舗当たりの配置スタッフは多いと思います。早番と遅番でそれぞれ社員が配置されるため、早番なら夕方には仕事を切り上げて、逆に遅番なら昼出勤でOK。その結果残業もだいぶ減り、定時で帰れる日も多くあるので、出勤日でもしっかり自分の時間を確保できています。
その時間は、例えば他の店長さんとオンラインゲームを楽しんだり、飲み会で交流するなど同じ社員同士で仲良くすることも多いですね。 また毎年ほとんどの社員が5連休を取得していて、私も2泊3日で大阪に旅行しました。前後1日ずつお休みが取れるので、ゆとりを持って旅を満喫することができました。
店長としても働きやすい職場環境を整えていきたいと常に考えています。 一緒に働くスタッフに対して積極的に褒めることを意識していると、自然と店の雰囲気が明るくなると感じています。
嬉しかった思い出は、自店のアルバイトさんが私の姿を見てクリエイトに入社したいと思い、後輩になってくれたことです。店舗のスタッフ全員の意識を統一すること等、教育は難しいこともありますが、自分が入社のきっかけになれたことは、今でも店長としてのモチベーションにつながっています。