キャリア中途採用(薬剤師コース)

病院での経験を今度は在宅医療での多職種連携に活用

新卒で急性期病院での経験を積んだ後、精神科領域の専門性を高めたいと精神科病院へ入職しました。 前職では役職や業務範囲が限られていましたが、今後は末病・予防領域で薬剤師の需要が高まっていくと感じ、将来を見据えて「薬剤師としてもっと幅広い知識やスキルを、若いうちに身につける必要があるのでは?」と思い転職を決意しました。
薬剤師として少しでも幅広い経験ができる環境がいいと考えたとき、そこにマッチしたのが『クリエイトエス・ディー』だったのです。

幅広いジャンルへ挑戦できる環境とそこで得たやりがい

クリエイトエス・ディーは、「調剤」「在宅」「OTC」と、様々なサービス形態で地域密着型の住宅街立地を主体として展開していることが、他にはない特長であり、私にとって大きな魅力を感じました。
調剤、在宅医療そしてOTCに関してそれぞれに特化した研修が充実していることはもちろんのこと、実際の店舗業務の中で社員、パートナーさん、アルバイトさんに至るまで常日頃から温かくフォローしてくださる環境があったためスムーズな業務習得ができました。 また、現場でわからないことをすぐ相談できる窓口が本部の機能としてあるので、イレギュラー対応が必要な際にはとても心強い存在でした。
前職では経験できなかった、患者様と直接向き合い、抱えている症状や健康状態をヒアリングした上で、最適なお薬や対応方法を自ら提案できる機会がたくさんあったことは、貴重な経験でしたね。 それによって、薬剤師として患者様と接するためのあらゆるスキルも身についたことは、その後の在宅業務にも役立っています。

在宅応需に特化した薬局で地域医療へ貢献

調剤併設型ドラッグストアの店舗で経験を積み、現在は在宅担当と順調にキャリアを重ねています。 やりたいことを前向きに検討してくれる企業文化があるため、今後のビジョンについては適宜相談できる方がいて、基本的には自分の希望を元に配属していただいています。 入社の目的だった幅広いジャンルを経験できていることには感謝しています。
特にこれまで経験のなかった「在宅」「OTC」に関して、実際に自分が経験することによって新たな発見が得られました。 在宅は病院とは異なり、薬の管理だけでなく生活スタイルを確認し治療に活かすことができるので、より効果の高い治療を続けるためのお手伝いができていると感じます。 多職種連携においては薬剤師として薬効や副作用をチェックし、医師や看護師さん等と情報交換をすることで、患者様の状態に合わせた処方設計を提案できた時にやりがいを感じます。 現在は在宅応需に特化した店舗に異動させていただいたところなので経験値の高い先輩方の下でさらに経験を積み、困ったことがあったらまず自分を頼っていただける、そんな存在になれるよう努めていきたいです。 特に在宅に対して「責任が重い」といったイメージを持つ薬剤師の方は多いと思いますが、クリエイトエス・ディーは周りのサポートも手厚く、また在宅ならではの地域貢献といったやりがいもあるので、これからもっと仲間を増やしていきたいと思っています。